JAVA のアップデートでエラーが出た。エラーメッセージは「java_sp.dll is corrupt」だと。 corrupt は破損しているとか、腐ってるという意味らしい。。。
 java_install_error1.jpg

そこで、コントロールパネルの JAVA コントロール・パネルを開き、[更新]タブの[今すぐ更新]を押した。 java_install_error2.jpg

そうすると、今度は以下のようなエラー。jqs.exe は。。。Java Quick Starter というサービスらしい。 とりあえず[プログラムを終了して続行]を押し、無事インストールできた。 java_install_error3.jpg

しかし、調べてみると jqs.exe というのはマシンが重くなる原因のひとつらしく、JAVA をあまり使わないなら止めてしまうのがよさそう。ということで以下の手順でサービスを止める。 [コントロールパネル]-[管理ツール]-[サービス]で、サービスの管理画面を開く。「Java Quick Starter」を選んで右クリック、[プロパティ]を選ぶ。 java_install_error4.jpg

「Java Quick Starter のプロパティ」ダイアログの[全般]タブで、サービスの状態の[停止]をクリックし、サービスを止める。さらに、スタートアップの種類で[手動]または[無効]を選んでおく。最後にダイアログ下の[OK]ボタンまたは[適用]ボタンを押す。これでマシンを再起動してもこのサービスは自動的に起動しなくなる。 java_install_error5.jpg

以上。