以前、PHP の Zend Framework 1 を使ってみたが、今回は Zend Framework 2 を使ってみる。

今回もやはり Windows XP に XAMPP をインストールして使うので、以下からXAMPP 1.8.2 をダウンロードする。最新版の XAMPP 1.8.3 はどうやら Windows XP と 2003 Server には対応していないようだ。

http://www.apachefriends.org/jp/xampp-windows.html



Zend Framework 2 は以下のサイトからダウンロードする。最新は Zend Framework 2.2.4。これの Fullpackage の zip 版を選んだ。

http://framework.zend.com/

ダウンロードした「ZendFramework-2.2.4.zip」を C ドライブの直下に解凍する。

次に空のプロジェクトである ZendSkeletonApplication を GitHub のサイトからダウンロードする。右のほうに「Download ZIP」 というボタンがあるので、ここからダウンロードできる。

https://github.com/zendframework/ZendSkeletonApplication



ZendSkeletonApplication は解凍し、XAMPP の htdocs に配置する。フォルダの階層は以下のようになる。
C:\xampp\htdocs\ZendSkeletonApplication


次に、ZendSkeletonApplication の下の public にある index.php を以下のように書き換える。コメントで「追加ここから」から「追加ここまで」とある部分を追加。

<?php
/**
 * This makes our life easier when dealing with paths. Everything is relative
 * to the application root now.
 */
chdir(dirname(__DIR__));

// Decline static file requests back to the PHP built-in webserver
if (php_sapi_name() === 'cli-server' && is_file(__DIR__ . parse_url($_SERVER['REQUEST_URI'], PHP_URL_PATH))) {
    return false;
}

// 追加ここから

// include_pathに本体までのパスをセットする
$paths = array(
    'C:/ZendFramework-2.2.4/library/',
    '.',
);
set_include_path(implode(PATH_SEPARATOR, $paths));
 
// ライブラリ本体へのパスを指定
$path = realpath('C:/ZendFramework-2.2.4/library/');
 
// 環境変数を追加
putenv('ZF2_PATH='.$path);

// 追加ここまで

// Setup autoloading
require 'init_autoloader.php';

// Run the application!
Zend\Mvc\Application::init(require 'config/application.config.php')->run();


以上で、準備は整ったので、ブラウザで次のURLにアクセスしてみる。

http://localhost/ZendSkeletonApplication/public/application/index/index


正常に実行できた場合は以下のような画面が表示される。
zendframework2-1
以上。