リモートデスクトップでは、コピー&ペーストで接続先のマシンとの間でファイルをコピーすることができるが、その間リモートデスクトップは操作不能になってしまう。

ある程度大きなファイルを転送する場合は、で接続先のマシンとの間でドライブを共有して、ファイルをコピーするといい。

手順は以下のとおり。

接続する前に、リモートデスクトップ接続ダイアログで[オプション]を開く。
remote-desktop-localdrive1

[ローカル リソース]タブを選び、[ローカル デバイスとリソース]の[詳細]を選ぶ。
remote-desktop-localdrive2

[ドライブ]にチェックを入れ、[OK]を押す。
remote-desktop-localdrive3

以上の設定を行ったあと、リモートデスクトップ接続を行うと、接続先のマシンのドライブとして、接続元のマシンのドライブが現れる。これで接続先のマシンとの間で、ファイルの操作がエクスプローラー上で行えるようになる。

以上。