Windowsでffmpegをビルドする手順。5回目。

ffmpeg にライブラリを追加してビルドする。
今回はH.264エンコーダ x264。

ライセンスはGPL。
そのため、ffmpeg とリンクすると ffmpeg も GPL となってしまう。

x264 をインストールする前に yasm を入れておく。
ちなみに yasm がない状態で x264 を configure すると以下のようなエラーとなる。
        Found no assembler
        Minimum version is yasm-1.2.0
        If you really want to compile without asm, configure with --disable-asm.

■ yasm-1.3.0

ライセンスは BSD(の修正版?)。

yasm は以下よりダウンロードする。
http://yasm.tortall.net/Download.html

yasm-1.3.0.tar.gz がダウンロードできた。
これを msysのhomeに展開する。
    C:\MinGW\msys\1.0\home\(ユーザー名)\yasm-1.3.0

msys.bat を実行し、以下のコマンドでビルド、インストールする。
    cd yasm-1.3.0
    ./configure --prefix=/mingw
    make
    make install

■ x264

次に x264 をインストールする。
最新ソースは以下から。
http://www.videolan.org/developers/x264.html

Source の「daily tarball 」より最新の stable を取得。
ここでは x264-snapshot-20160206-2245-stable.tar.bz2 をダウンロードした。

これを msysのhomeに展開する。
    C:\MinGW\msys\1.0\home\(ユーザー名)\x264-snapshot-20160206-2245-stable

msys.bat を実行し、以下のコマンドでビルド、インストールする。
    cd x264-snapshot-20160206-2245-stable
    ./configure --prefix=/mingw \
                --disable-opencl \
                --enable-static
    make
    make install

■ ffmpeg-2.8.6

最後に ffmpeg をビルドする。
--enable-libx264 を追加した。
x264 が GPL であるため、--disable-gpl をつけたままビルドしようとすると、
    libx264 is gpl and --enable-gpl is not specified.
と怒られてしまう。そのため --enable-gpl に変更してビルドする。

    cd ffmpeg-2.8.6
    ./configure --prefix=ffmpeg/ --enable-shared \
                --extra-libs=-static --extra-cflags=--static \
                --enable-gpl --enable-version3 --cpu=i686 --enable-static --enable-zlib --arch=x86 \
                --enable-libmp3lame --enable-libfreetype --enable-libx264
    make

以上。