リード開発メモ

大阪のソフトウェア会社です。 技術的な事柄についてのメモとしてブログを始めます。

Windows

タスクバーの Explorer のアイコンがおかしくなった

Windows 7 64bit のノートPCを使っているが、ある時、タスクバーに表示されている Explorer のアイコンがおかしくなった。

スタートの横にあるアイコンがそれ。 taskbar-icon-recovery1

いつもはこんな風に表示されていた。 taskbar-icon-recovery2

アイコンキャッシュの再構築をすればいいとのことで、次の手順を行った。
1. デスクトップの何もないところで右クリックし、[画面の解像度]をクリック。
2. 画面の解像度ダイアログの[詳細設定]をクリック。
3. [モニター]タブを選び、[色]を[True Color(32 ビット)]から[True Color(16 ビット)]に変更する。
4. [OK]を押し、マシンを再起動する。
5. この時点でアイコンキャッシュは再構築されている。
6. もう一度1.~2. の手順を行った後、 [モニター]タブの[色]を[True Color(32 ビット)]に戻す。
7. [OK]を押す。マシンの再起動は必要ない。

そうすると確かにアイコンは元に戻ったのだが、そのアイコンからなぜか Explorer が起動できない模様。 問題のアイコンで右クリックし、プロパティを見てみると、Explorer は環境変数 windir を参照するパスとなっている。
taskbar-icon-recovery4

念のため 環境変数 windir を調べてみる。 set コマンドを使う。ただしこの時点ではスタートメニューのコマンドプロンプトをダブルクリックしても起動に失敗するため、フルパス C:\Windows\System32\cmd を打ち込んで起動する。
C:\Windows\System32>set windir
環境変数 windir が定義されていません

定義されていなかった。。。
環境変数 windir を設定してやる。setx コマンドを使う。コマンドプロンプトを管理者で実行していない場合は以下のようなエラーが出る。
C:\Windows\System32>setx WINDIR c:\Windows /M
エラー: レジストリ パスへのアクセスが拒否されました。

コマンドプロンプトを管理者として実行し直しコマンドを打ち込む。
C:\Windows\system32>setx WINDIR c:\Windows /M

成功: 指定した値は保存されました。

これで無事、Explorer が起動するようになった。

それにしてもなぜ、windir の定義がなくなったのだろう。

Windows7 64bit の VB6 環境でマウスのホイールが効かない

もともと Visual Basic 6.0 環境ではマウスホイールが効かない。ホイールでスクロールさせるには、以下のページから VB6IDEMouseWheelAddin.dll をダウンロードし、regsvr32 で登録したあと、VB6 のアドイン登録を行う。

http://support.microsoft.com/kb/837910/ja

Windows7 64bit の場合は、スタートメニューからコマンドプロンプトで右クリックし、「管理者として実行」し、以下のコマンドを実行する。ただし、VB6IDEMouseWheelAddin.dll のパスは環境に合わせること。
C:\Windows\SysWOW64\regsvr32 "C:\work\Tools\VB6MouseWheel\VB6IDEMouseWheelAddin.dll"

コマンドが成功した場合は、「C:\work\Tools\V...\VB6IDEMouseWheelAddin.dll の DllRegistServer は成功しました。」とダイアログ表示される。

その後、VB6 を起動し、[アドイン]メニューより[アドインマネージャ]を開く。「MouseWheel Fix」を選択し、ロード方法の「ロード/アンロード」、および「起動時にロード」にチェックを入れる。

以上で、マウスホイールでスクロールできるようになっているはずである。

Windows2000 の管理者パスワードを調べる

古い VM を整理していたところ、Windows 2000 server がインストールされた VMware の VM が出てきた。

ただ、Administrator のパスワードが分からないためログインできない。そこでパスワード解析ソフトを使ってみることにした。もっとも有名なのは ophcrack らしいので、これを使ってみることにする。

最新版は 3.6.0 なのだが、どうも不足しているファイルがあるらしく、そのままではパスワード解析がうまくいかなかったので、バージョン1のもっとも新しいバージョン 1.2.2 を使った。

以下のサイトから、ophcrack-livecdを展開し、さらに1.2.2 を展開し、ophcrack-livecd-1.2.2.iso をダウンロードする。
http://sourceforge.jp/projects/ophcrack/releases/

通常であれば ISO を CDに焼き、CDブートを行うのであるが、今回は VMware Player なのでそのままで使うことができる。VMware Player での「仮想マシンの設定の編集」を開き、「CD/DVD(IDE)」をクリックする。右側の「デバイスのステータス」で「起動時に接続」にチェックを入れ、「接続」で「ISOイメージ ファイルを利用する」を選択、参照ボタンからダウンロードした ISO ファイルを指定する。

さらに VMware で CD ブートするには、VMware の起動中に ESC キーを押さなければいけないため、必要であれば前回の要領で設定を追加しておくといい。

以上の設定を行ってから、仮想マシンを再生する。VMware の起動中に ESC キーを押し、CD-ROM Drive から起動する。

しばらくほうっておくと auto mode で起動する。 ophcrack-1

起動中。
ophcrack-2

15秒ほどで Administrator のパスワードが判明した。 ophcrack-3

以上。

ディスクへの書き込みの準備ができたファイルがあります

Windows 7 で、タスクトレイに「ディスクへの書き込みの準備ができたファイルがあります ファイルをここで表示するには、このバルーンをクリックしてください。」と表示された。

burn_files

確かに昨日DVDに書き込みを行ったので、書き込み用のファイルを消そうと思ってバルーンをクリックしても何も起こらない。。。ノートPCのDVDドライブが省電力のため電源オフになっているせいだと思う。

そういう時は以下のフォルダを直接見ればいいようだ。

C:\Users\ユーザー\AppData\Local\Microsoft\Windows\Burn\一時書き込みフォルダー

以上。

Windows Server 2012 にリモートデスクトップで接続する

Windows Server 2012 にリモートデスクトップで接続する設定。

設定手順は以下のとおり。
 1. リモートデスクトップの接続ポートを変更する。
 2. ファイアウォールで接続ポートの受信を許可する。
 3. リモートデスクトップを有効にする。

リモートデスクトップの接続ポートはデフォルト3389なので、そのまま使うなら手順3のみでよい。

1. リモートデスクトップの接続ポートを変更する。
 レジストリエディタを起動し(スタートメニューの検索チャームでregeditと入力)、以下の値を変更したいポート番号に書き換える。変更時は表記を10進数にしておくこと。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\TerminalServer\WinStations\RDP Tcp\PortNumber
ポート番号は10000以下は使用方法が決まっている場合があるので、10000より大きい値にするほうが無難。
書き換えた後は、マシンを再起動するか、リモートデスクトップサービスを再起動する必要がある。 2. ファイアウォールで接続ポートの受信を許可する。
Windows ファイアウォールの設定(コントロールパネルのシステムとセキュリティなどから)の「詳細設定」をクリック。
win2012-rdp-fw2
「受信の規則」を選らんだ状態で、「新しい規則...」をクリックし、手順1で設定したポート番号の受信許可の規則を作成する。
win2012-rdp-fw2

3. リモートデスクトップを有効にする。
サーバーマネージャー(タスクバーの左端など)を起動し、「ローカルサーバー」をクリックし、「リモートデスクトップ」欄の「無効」をクリックする。 win2012-remote-desktop1

「このコンピュータへのリモート接続を許可する」を選び、「ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピュータからのみ接続を許可する」にチェックを入れ、「OK」を押す。 win2012-remote-desktop4

以上。

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

livedoor 天気
「livedoor 天気」は提供を終了しました。